携わった人の声

継続的な指導で、受講生にも変化が!

管理栄養士の坂東です。

ジュニアアスリートの栄養指導も行っております。

食にかかわる指導は、長期間にわたります。即効性もないので時間がかかりますが、確実に本人の意識が転換していきます。

自ら考え、または食育に取り組み、食べることへの姿勢が大きく変わりました。

ここでは受講生とその保護者の方々の感想を掲載しています。

ジュニアアスリートたちの感想

講座を受講しての感想

今回、色んな事を学んで、食生活にもっとこだわろうと思いました。 僕は、1日3食を心がけていますが、食べるものがかたよっている時があるので、それを気を付けたいと思いました。 また、最後に言っていたように「いただきます」「ごちそうさま」を毎回言うようにし、感謝の気持ちを常にもつようにしたいです。(中学2年生 バスケットボール部所属)

 

僕は、高校に入るまで、食事に関して何も考えずに好きなものを食べてきて、食べ物の栄養でコンディションをよくすることなど考えてもいませんでした。 高校に入ってからも、最近まで量にこだわりすぎて、栄養の部分をあまり考えていなかったなと思います。 これからは、一つの食べ物の栄養を理解したり、栄養素を1つ増やしたり、工夫していこうと思います。(高校1年生 バスケットボール部所属)

 

「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」の言葉を大切にしていくことが大切だと思いました。 これからは、今日教えてくれたことを意識して生活をしていきたいです。 感謝の気持ちを常に持つことを大切にしたいです。 食事の大切がとてもよくわかりました。 まずは2週間トライしてみたいです!(高校2年生 バスケットボール部所属)

 

これまで、あまりくわしく考えることのなかった食事について、改めて考えることのできるいい機会になりました。これからは、ばんどう先生に教えてもらった食生活についてのことを意識して過ごしていきたいと思います。また感謝の気持ちを常に持って生活したいと思います。(高校1年生 バスケットボール部所属)

 

今までなにげなく食べていた物が体に悪いものだったり、今後後悔するようなことになることを知りました。バスケが上手になったり、背がのびたり、体重が増えるように1日3食の食事を見直していきたいです。そして、いつもだったらお茶やスポーツドリンクを飲んでいるのを水に変えて、丈夫な体づくりに積極的にとりくみたいと思います。自分がジュニアアスリートという事を自覚したいです。(高校1年生 バスケットボール部所属)

 

全3回の講座を受けてみての感想を聞かせてください

メンタルももっと強くして、食事ももっとしっかりしていけば、プレーも変わるし、意識も高くできると思うので、この3回の内容をしっかり心がけて、頑張りたいと思います。(高1女子 バスケットボール)

 

緊張しがちの弱いメンタルを少しでも「食」から改善していきたい。食と向き合うことで何かが変わると思ったら、食べることに少しずつ楽しみを感じてきた。(高3女子 バスケットボール)

 

食育講座を受けて具体的な行動に変化があれば教えてください

食事中に良く噛むことで、それが習慣化された。また、以前より満腹感が得られるようになった。(高1女子 バスケットボール)

 

毎日三食バランスの良い食事をとったり、練習30分以内に補食をとったりして、食に対する意識が変わりました。(高2女子 バスケットボール)

 

朝起きるのがつらくない。極度にお腹が空くことがなくなった。(高3女子 バスケットボール)

 

毎日、食事への関心が高まり、苦手なものを食べようと努力が出来た。練習や試合でのパフォーマンスが上がって試合にでる時間が増えた。(高1女子 バスケットボール)

 

乳製品を毎日摂るように心がけた結果、お腹の調子がよくなった。(高1女子 バスケットボール)

 

栄養とか食事の知識を得るために、調べたり本を買ってみた。(高2女子 バスケットボール)

 

保護者の感想

子どもたちの「食」への意識・意欲が高まったと感じ、そのように感じた理由について

スナック菓子や、レトルト食品等を口にしなくなった。 食品の成分表示を見るようになった。 自分で食べる物を選んで食べるようになった。 自分だけでなく、学んだ事を家族に伝え、家族で食に対する考え方を変えるきっかけとなった。

 

晩ごはん等のメニューを気にするようになった。「今日のおかず、何?」「お汁に○○入れて」など。食育の講座以降、たくさん食べるようになった。

 

栄養やバランスを意識して食事をするようになった。食育で勉強した事を、いろいろ教えてくれた。

 

バランスのよい食事をとることが大事と言っていました。前より野菜をよく食べています。お菓子も体によくないので食べる量が減りました。

 

炭酸飲料(コーラ)が好きで良く飲んでいましたが、炭酸飲料を飲むのがへり、100%ジュースを飲むことが増えました。「ぶどう糖が体に悪い」と本人も言ってます。とにかく良く食べるようになりました。特に米を。食育の講座以降、食事を残さなくなりました。ありがとうございました。

 

食べるものにこだわりが出来、添加物の多いものを控えたり米を食べる量がまた少し増え、パンをあまり食べなくなった。

 

食品の原材料を見るようになりました。お米をしっかり食べるようにもなりました。しっかり出されたものは完食しています。講座の後は、毎回家で内容も話してくれています。

 

朝食をパンからご飯に変わった。朝食のメニューを自分で考えている。(バランスを考えている)苦手だった食物をすすんで食べるようになった。試合前、練習前後の食事を自分で考え、意識が高まった。

 

結果を出したいジュニアアスリートを育てたいなら!

食事を変えることで体のパフォーマンスを最大限引き出せます。

小さな取り組みですが、やがてその取り組みが大きな花を咲かせます。

結果を出したいジュニアアスリートを育てたいとお考えならば、ぜひ下記リンクよりご連絡ください!

 

 

Copyright© 食結び , 2021 All Rights Reserved.